この方法は一般的にはお医者様の指導のもとに行うやり方です。

この方法は、自己責任のもとに自己満足のために行った記録です。 やり方や効果に少しでも不安がある方、妊娠中の方、これから妊娠予定のある方は真似しないでください。 この方法を実践したことによる健康被害や障害等の責任は一切負いませんのでご了承ください。 巷には様々な情報が溢れています。ここで紹介する方法もインターネットで検索するとでてくるもの ばかりです。納得できるまでご自分で情報収集を行ってから実践するかどうか決めてください。

セルフケアで医療現場と同じ治療をする前に読んでください。

自分でよく調べない人はセルフケアで実践するべからず!

今までブログでセルフ乳首美白ケアを公開してからたくさんの読者様に質問をいただきました。 もちろん、管理人の経験から答えられることは全部答えるようにしていますが、中には基本的なこと、つまり私の経験とは関係ない部分でのご質問もあります。ちょっとインターネットで検索してみればわかることだったり。 私がブログで実践しているセルフ美容は、まず最初に美容外科や美容皮膚科に行って体験し、高額な治療費をなんとかしたい、と苦肉の策で思いついたセルフ整形なのです。 つまり、最初に医師に相談し、医師によって施術してもらったことの中から自分でできそうなことをピックアップして自己責任のもとに行うことがほとんどです。 ただインターネットなどから得た情報のみで独断と偏見で行っているわけではないからこそ、読者様の参考になればとブログで公開してきました。 薬やその使用方法などについては全くの素人です。 なのですべてのご質問に関する回答は「あくまでも実体験から」に基づいていますし、その回答についても、効果や反応は人それぞれなので必ずしも参考になるとは限りません。
気になることがあったら、まずはご自身で調べてみてください。
はじまりの一歩はそこからです。 ネットでもいいし、図書館でもいいと思います。 調べていくうちに、薬の副作用の怖さ、効能、など様々なことがわかってくると思います。 それでもどうしても安くて、簡単で、効果が高い方法で乳首をピンクにしたい、という情熱のある方、 万が一のことを考えて自己責任が取れる方はこの方法を試してみるのもいいかもしれません。

乳首ピンク大作戦のきっかけ

そもそも、最初から乳首の色で悩んでたわけではありません。 というか、気にしたこともなく・・・ ところが、叶美香さんの写真集 を見て衝撃を受けました。 とにかくびっくりするくらいピンクで透明感があって、きれいすぎるほどきれい。 胸の大きさは真似出来なくても、乳首の色くらいは私でもなんとかなるんじゃないの??
あれから1年。
今では満足な乳首の色になれたのです。

乳首の色は人それぞれ

乳首の色は、遺伝や生活習慣によって決まること、知ってますか?
よく、セックスのしすぎ、なんて言われますが、それが主な理由ではないのです。ただ、乳首の色をつかさどっているのは「メラニン色素」なので、セックスによって乳首が刺激され、その結果メラニンが過剰に分泌され、色が濃くなる、ということはあるかもしれません。 シミや傷跡を触ったりると色が濃くなるのと同じ原理です。
メラニンは紫外線にあたることで生成されるのと同時に、刺激やストレスによっても生成されます。 「気にする」というストレスがメラニンの分泌を過剰にすることも。
とにかく「刺激」をできるだけ与えないことが大切です。
メラニン色素は濃い人もいれば薄い人もいます。
持って生まれたメラニン色素の量は人それぞれなのです。
常に美白でいるためには、分泌されてしまったメラニン色素を肌に溜めこまずに、素早く体外に排出すること。そうすることで乳首はもちろん、顔やボディの美白にもつながることになるのです。

やっぱり男性はピンクの乳首が好き

「乳首をピンクにする方法を知らない女性は9割」

実はみんな乳首をケアする方法を知らなかった!

「自分の乳首の色に満足してない女性は77.1%」

理想と現実の乳首の色に悩む女性は案外多い。

「男性も乳首の色を気にしています。」

乳首の色が濃い=遊んでいる、といったイメージを持つ男性がいまだ健在していることが判明。

     

”乳首に関する意識調査”

 

美白の基本三原則

コスメによる乳首美白も、クリニックによる乳首美白も、基本は同じ。

メラニンの生成を抑え、肌のターンオーバーを促し、色がついしまった皮膚を漂白する。

この基本三原則を忘れずに日々のケアを行えば、専門のクリニックに行かなくても理想の桜色のピンク乳首を手に入れることができるのです。

乳首をピンクにする3つの方法

乳首をピンクにする方法は主に3つ。

  • 市販のコスメや乳首専用コスメでのケア

  • 気軽に試せるのがこの方法。効果がでるまでに時間がかかることと、実際に効果がでるのかどうかわからない、 という弱点もありますが、何もしないよりはマシ。まず手始めに気軽に始めたい方にはオススメな方法です。

  • やっぱり病院で専門家にお任せする。

  • 効果をちゃんと出したい&保証してもらいたい、という方は専門機関に相談しましょう。
  • 自力でクリニックと同じ効果を実現するために

    お医者さんに相談するのはちょっと恥ずかしい&医療機関並みの効果を求める方はこちら。あくまでも自己責任ですが、効果が出れば一番お得な方法でもあります。 ちなみに私は完全なる過激派なのでこちらのタイプ。